東北でただ一人の「ドイツワインポータ―」でもある、男鹿市船越「鈴木金七商店」の3代目ご主人、鈴木裕一(ひろかず)さんを訪ねて、男鹿へ行ってみるの巻。

 

「ドイツワイン」と聞いて、漠然と「甘口なワイン」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

それはどうやら、日本で初めて輸入販売されたものが何故か甘口の物ばかりだったからということに原因があるようです。

鈴木裕一さんのお話しをうかがって、ドイツワインが決して甘口ばかりではないということ、ドイツでは今若者の生産者が増えてきていることなど、これからますます楽しみが広がるワインであるということを知り、ますます興味がワクワクです!

ドイツワインに対する勝手な先入観で、これまであまり口にすることがなかったんだと、とても損をしたような気分になりました。

 

 

「鈴木金七商店」は、もともと(あ・・・今でも!)お米屋さんとして、昭和23年に開業されたそうです。

ワインの輸入販売を始めたのは、現在3代目の裕一さん。

 

大学時代を関西で過ごし、当時はとにかくビールが大好きであちこちのビアホールめぐりをしては、いろんなビールを楽しんでいいたんだとか。

そのビール好きから、本場のビールを求めてドイツへ渡る(笑)!

 

ここから、ドイツワインとの出会いがあり、現在ドイツワインだけを扱うお店を開いたという裕一さんのこれまでのエピソードには、驚きと笑いがたくさん詰まっていて、これだけで裕一さんの人となりにも興味津々なのでありました(笑)!!

 

 

店内のワインセラーには、たくさんの種類のワインたちが出番を待って眠っています。

これら全て、裕一さんが現地で試飲した中から、「秋田の食に合うもの」「和食に合うもの」「自分が好きなもの」だけをチョイスしているんだそうですよ!

「食べながら飲んで、美味しいワイン」をコンセプトにしているから、ワインに詳しくない人でも、素直に「美味しい」と感じれることに重点を置いているということを聞いて、ワイン素人でも入りやすい世界かも・・・と感じました。

 

お店にもたくさんの種類が常備されていますが、不定期で多種類のワインの飲み比べができるイベントも開催されているとのこと!

初めてドイツワインを楽しんでみたい方には、そんなイベントで試してみるのもいいかも知れません。

 

ドイツワイン大試飲会イベント情報は、あきたstoryでも伝えていきますので、皆様お見逃しなく~!

 

✤✤✤ 鈴木金七商店㈱ ✤✤✤

男鹿市船越字寺後4-10

TEL 0185-35-3509 / FAX 0185-35-3051

ワイン輸入販売部TEL 0185-35-3626

鈴木金七商店ホームページはコチラ!

ドイツワインのご注文ページはコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなお店を大切にしていきたい「あきたstory」です!

#あきたstory #あきスト