あきたstory(運営:特定非営利活動法人あきた美遊路)では、私たちの活動に賛同いただける会員を募集しています。

 

自分の町の、思い出のあるお店がどんどん閉店されている現実・・・。

「あ~! あのお店にはなくなって欲しくなかった!」とか

「子供の頃から通っていたのに・・・」とか。

そんなお店には、古くからの歴史があったり、町の生活文化そのものが詰まっていたりで、地域の人には大切にされていたはず。

 

または、新しく可愛らしいお店がオープンしたのに、数年で閉店してしまった・・・という残念なお話しを聞きます。

原因は一つではありませんが、人口減少や少子高齢化によって「買う人」が少なくなってきた!・・・ことや、郊外の大型店や、チェーン店へ流れやすいことも。

自分たちが住んでいる町からお店がどんどん減っていくと、普段毎日のように通うお店でなくても、なくなって初めてとても困ることに気が付きます。

 

社会的にも問題になっている「買い物弱者」が増える。

遠くまで買い物に出なきゃならないので、高齢者の皆さんはどうしても運転免許を手放せない。

お年寄りだけではありません。

若い世代も、困ることってありますよね。

 

「あきたstory」は、そんな課題を地域住民の一人ひとりが協力しあうことで解決につながる糸口がみえるのでは・・・ということからこの取組を始めています。

 

小さな個人商店や飲食店は、これまで町の住民がお客さんだけで商売ができましたが、いまや町の人が減り続けているので、他の市町村からも来てもらうようにしたいところ・・・。

ところが、大きな宣伝や広告などもできないところがほとんどで、そのお店の存在そのものを知らないところもずいぶんあるのです。

 

「あきたstory」では、町内のお店や飲食店や、職人さんなどなど、既に宣伝されているところばかりでない情報を、会員の皆さんから提供していただき、この場で広くお知らせしていきます。

自分の住む町の、ちょっと自慢したいお店や、無くなってほしくないお店情報をどんどん教えてください!

そして、会員さん達も楽しくお店めぐりができる企画を提案していきます。

 

皆さんが地域活性や課題解決に対して日頃あたためているアイデアを、皆で取り組んでみませんか?

一人では難しいことでも、同じ思いの人が集まれば可能なことが増えますから( *´艸`)

 

「あきたstory」でのshop情報は、WEB、Facebook「あきたstory」、ABSラジオ毎週土曜日「佐藤有希のあさラテ」10分間のコーナーで発信しています。

 

「あきたstory」の会員・・・ということで、「あきst.mate」絶賛募集中!

《年会費:2,000円》

 

いろいろなアイデアや課題解決が実際にできるのは、そこに住む一人ひとりの力だと思います。

そんな力が、大きなエネルギーになって、しかも楽しく挑戦できると強く感じています。

既に会員の方も、これからますます活動範囲を広げていきますので、よろしくお願いします(^^ゞ

 

※ご入会希望の方、詳細のお問合せは、コメント欄からお気軽にメッセージ送りください。

 

 

特定非営利活動法人あきた美遊路

理事長  髙橋利枝

 

 

 

 

 

 

 

#あきたstory

#あきスト

#ABSラジオあさラテ