今や、日本の人口のうち100歳以上が6万7千人いらっしゃるんだそうです。

100歳まで生きるには、それ相当の体力と気力が必要だと、強く感じる今日この頃。

 

気力と体力を保持するための「食」を提供している、横手市の『食堂&cafe YAKUZEN」の吉田七重さんは、お店を始める前は、介護のお仕事をされていました。

 

 

お年寄りを介護しながら、「美味しいと食べること」ができることの重要性を感じたそうです。

 

体力が弱ってくると、食べることにもあまり興味がなくなってくる方々をみて、どうしたら食べてくれるんだろう・・・と、メニューや味付けや、食べやすさをいろいろ工夫してきました。

 

そして、介護というハードなお仕事で、七重さん自身が体調をこわし、改めて「毎日の食」の大切さを感じたそうです。

 

そんな経験を踏まえて、だからこそこのお店をやりたい!という強い信念で開業したお店が「食堂&cafe YAKUZEN」。

 

家庭でも簡単に手に入る旬の食材で、人口調味料などを一切使わず、誰でも簡単に作ることができる。

薬膳料理と言えば、ハードルが高いような気がしますが、七重さんのメニューは、そんな特別なものではなく、「食」は毎日のことだから、毎日の中にひと工夫できるメニューになっています。

 

 

食材そのものの美味しさを、最大限に活かしたメニュー。

驚くことに、七重さんはそんなメニューのレシピも惜しげなく教えてくれるんですよ!

レシピは、お店の秘密事項なのに! です。

心から「多くの人に健康でいてもらいたい。」という七重さんだからこそ、開業して2年目・・・さらにファンが増えています。

 

 

14時以降の、カフェタイム・・・白砂糖を使っていないのに、大人にはちょうどいい優しい甘さのケーキたちも、テイクアウトする人が多い人気メニューなんですよ!

種類が豊富な中国茶の中から、その日の気分でチョイスして。

たまには、体の内側からすっきりリセットされてみてはいかがでしょうか。

いつまでも、元気に過ごせるには「食」は本当に大切だと実感です。

 

✤✤✤食堂&cafe YAKUZEN ✤✤✤

横手市横手町字四ノ口125-1

TEL 080-6035-3791

火曜日と日曜日はランチタイムだけ(11:00~14:30)

あとは11:00~18:30まで営業しています。

 

 

 

 

 

 

秋田の「人」のストーリーも伝えたい

あきたStory・あきストをいつもご覧いただきありがとうございます。