師走に入ると、いつもと比べて時間の進み方が急に早く感じられるのはなぜでしょう(^_^;)

同じ一日、同じ一時間なのに、やることが溢れかえって追いつきません。

 

由利本荘市カダーレの近くにある「ざっかや にこり」では、クリスマス雑貨がたくさんならんでおりました!

 

子供たちの感性を育てるためにも、こうした手作りの雑貨はとてもいいと思うのです。

 

 

ひとつひとつ、それぞれの作家さんが、全て丁寧に手作りしている雑貨たちです。

 

 

じーっくり見てみると、いろんなイマジネーションが膨らんできて、子供たちも夢が広がりそう~!

 

「ざっかや にこり」オーナーで作家の深井さんは、秋田公立美術大学で陶芸を学んでこられました。

その学んできたことで、地域へ貢献できることはないかと、お店をオープンして3年が過ぎたそうです。

 

近所の子供たちが、気軽に寄ってもらえるように、子供たちが集えるようなお店に、と、そんな深いさんの思いがとても感じられる、優しい~雰囲気の店内。

 

大学の卒業作品として作った、こんなに大きいイスが、にこりのシンボルマークにもなっています。

見た瞬間、座りたくなるけど、いいのかしら・・・と、躊躇していると「座ってみてください(^▽^)/」と深井さん。

 

陶器なのに、不思議なくらい柔らかいような座り心地です。

何度行っても、必ず座ってしまう!

 

デパート行って、みんなと同じようなプレゼントもいいですが、子供の感性を高めるためには、作る人の思いが込められた作品もいいのではないでしょうか(^.^)

 

✤✤✤ ざっかや にこり ✤✤✤

にこりHPは コチラ☆彡

お店のお休み情報も掲載されているので、ご確認のうえ訪問してみてくださいね!

 

 

 

秋田のおもしろ情報、ますます頑張ります!は、「あきたStory」「あきスト」で°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°