こんな食堂を見つけると、思わず飛び上がりたくなるほど嬉しいものです。

秋田県と山形県、宮城県の県境に位置する、湯沢市秋ノ宮にあるその名も「きのこ屋」!

 

マタギのご主人が、季節になると毎日のように山へ出かけて採ってくるんだそうです。

 

山の恵み・・・まさしく、きのこ三昧のランチは、ここでしか食べられない貴重なお店。

 

きのこって、こんなに種類があるの?

と思うほどのメニュー。

 

昔に比べると、きのこを採る人も少なくなったし、とても高価なものになりました。

 

 

ここまで行くには、湯沢市街地からでも結構な距離がありますが、行った甲斐がありましたよ!

 

普段、山のものを食べる機会が少なくても、このランチは思わず山の神様に手を合わせたくなるような、とても有難い気持ちになりました。

山に感謝して、心まで満たされるようなお料理の数々です。

 

都会の人に食べさせたら、きっと喜ぶだろうな~と思いながら、窓の外の川のせせらぎと、でいたらぼっちが出てきそうな山を見上げながら、ごはんをおかわりまでしてしまいました(笑)!

 

 

きっと今頃は、すっかり紅葉に覆われているかもしれません。

わざわざでも行きたくなる、そんな「きのこ屋」へ、貴重な味を求めていってみてはいかがでしょうか。。。

 

国道108号線を宮城県方面へ。

キノコ屋の看板が出ています!

 

 

こんな店発見!は「あきたStory」で!